<< 金曜日の講演について | main | アメリカの銃乱射事件あれこれ >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


イギリスの財政再建

 
今朝の朝日新聞(3面)に、「英、財政再建」という記事がありました。

記事の最初は「公務員削減」です。中央政府の地方自治予算が4年間で27%削減されることになり、予算の7割以上を国に頼る自治体が多いため、結局人件費を抑制するしかない・・・ということのようです。

こういった財政再建策のなかで目を引くのが、子ども手当の話です。両親のどちらかが4万4千ポンド(約580万円)以上の家庭は、2013年度から支給が取りやめになるとのこと。イギリスは労働党政権から保守党政権に代わってドラスティックな再建計画を打ち出していますね。

さて、日本の子ども手当は充分な検討をされないまま民主党マニフェストの目玉として実施されました。が、さまざまな問題点が指摘され、かつ財源はいまだにあやふやなままです。もともと時限法ですので、いまのままだと3月末で終わることになります。

もともと所得税というものは、個人(法人)から集めて公共的に使うものですから、それを単純に個人に再分配するというのはちょっとスジが違うと思います。

給食の無料化や保育園・幼稚園の保育料といったものに対する財源としてなら納得できますが・・・。

スポンサーサイト

  • 2015.10.01 Thursday
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM